飛蚊症を治す方法

飛蚊症には生理的な要因によって発症するものと、目の病気によって生じるものがあります。飛蚊症の根本的な治す方法は確立されていませんが、目の病気の疑いがあるときには眼科を受診して検査を受ける必要があります。眼底検査を受けることで、生理的な要因による症状なのか、重大な目の病気があるのかを調べてもらうことができます。生理的な要因によって起こる飛蚊症については、加齢や生活習慣が乱れていることによって、体内における活性酸素が増えていることで、眼球内の硝子体が濁っていることが考えられます。そのために症状を進行させないためには、生活習慣の改善が大切で、食生活を見直すことやテレビやパソコンを見過ぎないようにすること、ストレスを軽減させることなどが有効な対策法となります。網膜や硝子体が活性酸素によって悪影響を受けて、シワが発生して飛蚊症になることが考えられますので、抗酸化作用があるとされているビタミンCやビタミンEを積極的に摂取していく方法や、硝子体を保護する作用が期待できるルテインが含まれている食品やサプリメントを摂取していくことで、症状を改善できる可能性があります。目の組織を構成していく上で、重要な成分としてコラーゲンとヒアルロン酸が挙げられます。これらの成分を含んでいるサプリメントや、目薬を点眼することで飛蚊症を予防していくことができます。目の病気である網膜剥離や網膜裂孔によって引き起こされている飛蚊症の場合には、外科的手術によって治す方法があります。飛蚊症の治療を行っているクリニックの中には、レーザー施術の方法を採用しているところもあり、レーザーを目に照射することによって、飛蚊症の原因である硝子体を除去したり、シワを取り除くことができます。レーザー施術では症状を完治させることはできないと言われていますが、50~70%ほどの症状の改善につながります。クリニックでレーザー施術の治療法を受けるときには、一定の費用がかかりますので、施術を受ける前に費用の確認をしておくことが重要です。