飛蚊症を改善する方法

目の前に物体が無いのに、何らかの物体が動いて見えていて、こすったり洗ったりしても物体が消えない場合は「飛蚊症」にかかっている可能性が高いです。この飛蚊症を治す方法は、症状が出るようになった原因によって異なります。
まず、加齢やストレスなど、生理的な要因で生じた飛蚊症に対しては、現在に至るまで有効な治療法が確立されていません。このタイプの飛蚊症は早期に重症化することは無いため、症状に対して過敏にならないようにすることが最も有効な対処方法になります。ただし、生理的な要因による飛蚊症は、放置することで眼病を発症する可能性があるので、症状を自覚した段階で一度眼科を受診して医師の診断を受けましょう。また、眼科で受けた医師の指導を守って意識しないように心がけていても、どうしても気になってしまうのであれば、受診した眼科で医師に相談しましょう。症状の程度によっては、レーザーで硝子体内にできた濁りやしわを除去してくれる場合があります。
一方で、飛蚊症は網膜剥離や硝子体出血、ぶどう膜炎などといった眼病の症状の一つとして起こることもあり、この場合は抱えている眼病を治療することが飛蚊症を治す最良の方法となります。例えば網膜剥離の場合は、目に細い特殊な手術器具を入れ、目の中を操作して硝子体を切除する「硝子体手術」と、眼球外側の強膜と呼ばれる部分にシリコンでできたスポンジを巻きつける「バックリング手術」がよく用いられています。また、ぶどう膜炎の場合は、症状が軽度であれば炎症をしずめる作用のある薬剤を点眼や注射により目に浸透させる方法が用いられますが、これで治らない場合には免疫抑制薬や副腎皮質ステロイド薬などを全身に投与する方法が選択されることがあります。眼病の症状として起こっている飛蚊症を放置すると、緑内障や白内障をはじめとする合併症を引き起こし、最悪のケースだと失明をしてしまうので、症状が出た段階ですぐに眼科を受診することが肝要です。