飛蚊症になりやすい人

飛蚊症になってしまうと、糸状や粒のような黒い物体のようなものが見えたり、さまざまな形状をしたものが、目の前を浮遊しているように見える状態をいいます。
明るい場所や白系統の壁などがあるとかなりはっきりと見えることがあり、気になり始めるとかなりストレスを感じることもあります。
加齢やストレスなどによって症状がでるといわれています。
飛蚊症になりやすい人としては、頻繁に外出し、目に対して紫外線対策をあまりしていない人やパソコンやスマートフォン、テレビなどモニターを眺める時間が多い人などといわれています。
飛蚊症を予防するためには、ストレスを溜めない生活を心がけることが大切です。気分転換をしたり、常に緊張した状態にならないように、リラックスできる環境をつくることも重要です。ストレスにより、肌荒れや薄毛の原因にもなり、またその他にも胃腸などにも負担や痛みなどがでることもあります。その他にも、うつ病などの精神的な病になりやすい傾向もあるため、飛蚊症の予防としてだけでなく、自身の体のためにも、ストレスを軽減、発散することは大切なことだといえるでしょう。
また、目の負担を減らすことも大切です。紫外線によるダメージを減らすために、外出時にはサングラスなどをかけたり、紫外線対策のされたメガネなどを使ったり、帽子や日傘などで直接紫外線を浴びないようにするように日々、心がけましょう。
また、パソコンやスマートフォン、テレビなどモニターを見る機会が多い場合には、目に負担がかかりやすく、眼精疲労などになることもあります。目の老化も早まってしまう可能性もあるため、仕事などでどうしても長時間モニターを眺めることが多い場合には、合間に休憩を入れて、目を休めたり、工夫をして使用する時間、またモニターを眺める時間をある程度減らすように生活を改善していきましょう。睡眠をしっかり取ることや、目の疲れをとるために目の周辺を軽くマッサージして血行を促進することも目の疲れを癒すことにつながり、飛蚊症予防にもつながります。