飛蚊症を抑える食べ物

いつからか、目の前に黒いゴミみたいなものが漂って見えるようになっていませんか。どうして黒いゴミが浮かんで見えるようになったのか不思議に思う人も多いでしょう。実は、意外と悩んでいる人が多い症状の一つです。飛蚊症と言われており、老化などが原因だと考えられていますが、目に良い栄養をたくさん摂取することで症状を抑えることもできます。飛蚊症に良い食べ物を食べて、症状を抑えてしまいましょう。

活性酸素が体内に多くなってくると、症状が出ると言われています。活性酸素は加齢によって徐々に量が増えていくと言われていますので、除去していきましょう。抗酸化力の高い食べ物を食べると効果的です。大豆や小麦、ユズなどが良いと言われています。日ごろから、大豆製品や小麦などを積極的に食べるようにすると良いかもしれません。和食なら大豆製品を多く使っていますし、パンや麺類を食べれば小麦を簡単に摂取できます。香りづけにユズを加えるとより一層いいでしょう。

おやつには、アーモンドがおすすめです。アーモンドも抗酸化力が高いからです。もちろん、抗酸化力が高いからと言って、これらだけを食べれば良いというわけではありません。基本的には栄養バランスの良い食事を摂ってください。その中でも以上の食べ物を多めに食べるようにすると飛蚊症が抑えられるというわけです。

活性酸素を除去するなら、水素水もおすすめです。普段、飲んでいる水を水素水に変えるだけでも良いかもしれません。水素には、活性酸素を安全に除去する力があります。美容など飛蚊症以外にも良いと言われています。今では、水素水サーバーなどもあるので、高濃度水素水を飲むことも容易になりつつあります。

飛蚊症の症状が出ると、黒いゴミみたいなものが気になって仕方がなくなります。以上の食べ物や飲み物などをうまく毎日摂取するように工夫してみてください。それでも症状が収まらないときは、眼科を受診して下さい。

飛蚊症の原因として老化を挙げることが出来ますが、年齢による加齢が全てならば、高齢者が全て飛蚊症になってもおかしくはないと言えます。しかし現実はそうではありません。ではなぜ違いが出るのでしょうか。
その1つに食べ物を挙げることが出来ます。飛蚊症の原因に老化を老化を挙げましたが、普段の生活を送るだけでなく紫外線などを浴びることでも日々活性酸素が発生し、それが老化に影響しているとされています。つまりは老化という現象は加齢によるものだけでなく、普段の生活でも関係している現象なのです。そして活性酸素から身を守ることが、飛蚊症の症状を抑える、ということにもつながることになります。

こちらのサイトには飛蚊症の改善方法が記してありました。

活性酸素に対し身を守る方法に抗酸化力を上げることがあり、その1つに抗酸化酵素を摂りいれることが挙げられます。抗酸化酵素は食べ物から摂取することが出来、その成分としてビタミンCやE、βカロテン、リコピン、ポリフェノールが有名です。ビタミンCが多く含まれる食材にはリンゴ、レモン、キウイ、ピーマン、キャベツ、トマト等があり、ビタミンEを多く含んだ食材にはアーモンド、落花生、いくら、ウナギ等があります。またポリフェノールが多く含まれる食材にはブドウ、ブルーベリー、豆腐、大豆等があり、βカロテンを多く含んだ食材にはニンジン、ホウレンソウ、ピーマン、スイカなどがあります。トマトにはリコピンが多く含まれる、ということは有名だと思われます。具体的な食品名を挙げてみると特に果物や野菜に抗酸化力を上げる成分が多く含まれていることが分かります。また酵素は生のまま食べると摂取量が良いとされているので、果物を食べたり緑黄色野菜のサラダを1日1食取り入れると飛蚊症を抑えることに期待が出来ます。
飛蚊症は疲れ目やストレスからも起こり得る症状でもあり、老化が全てとは言うことが出来ません。しかしその場合は疲れた目に効果があるとされているブルーベリーに効果を期待することが出来ます。食べる、という生きるための行動で飛蚊症を抑える効果を期待することが出来るならば、試してみる価値はあると言えるでしょう。